北東アジア動態研究会開催記録

21世紀社会動態研究所ホーム
韓国の知性、新しい時代を語る
社会動態インタビューTOP
小島正憲氏の「凝視中国」
上海発中国万華鏡・日系証券会社上海駐在アナリストからのレポート
上海発中国万華鏡・林一氏からの便り
寺島実郎氏が語る 2010年の世界と日本

北東アジア動態研究会開催記録

第三十七回
「現地報告・北朝鮮経済は、いま」
〜制裁下、核と経済の「並進路線」を歩む
                            北朝鮮経済の現況と今後〜
報 告: 福田恵介 氏
     週刊東洋経済 編集委員
(2016年10月28日開催)

第三十六回
「新たな歴史的視点でひらく日本とアジアへの視界
 世界の構造転換と近世日本の再構成から現代を見つめる
報 告: 平川 新 氏
 宮城学院女子大学学長
 元東北大学 東北アジア研究センター長
(2016年9月16日開催)

第三十五回
「いま日中関係を語る
         −日中関係、現在と未来への私の思い」
報 告: 沈 建国 氏
 中華人民共和国駐日本国大使館 政治部 参事官
(2016年3月10日開催)

第三十四回
「中国はどう動く−北朝鮮『核実験』後の東アジア情勢を読む」
報 告: 趙 宏偉 氏
法政大学教授(中国政治・東アジア国際関係論)
(2016年2月18日)

第三十三回
「いま、中央アジアで何が起きているのか」
〜中央アジアにおける中・露・米のパワーゲームを読み解く〜
報 告: 田中哲二 氏
     中央アジア・コーカサス研究所副理事長・所長
(2015年12月16日)

第三十二回
「いま、中国は何を考えるのか
 〜中国のアジア・世界戦略と「安倍談話」以後の日中関係〜
報告: 朱 建榮 氏
     東洋学園大学教授
(2015年9月14日)
第三十一回
「沖縄から日中経済交流を構想する
〜沖縄の志を胸に、日中の“架け橋”たらん〜
報 告: 泉川 友樹 氏
     日本国際貿易促進協会 業務本部
(2015年5月12日開催)

第三十回
「現場に立って考える中国のシルクロード戦略」
〜新疆ウイグル自治区での見聞と北京での中国ウオッチから〜
報 告: 杉本 勝則 氏
    桜美林大学北東アジア総合研究所客員特別研究員
    元・参議院法制局法制主幹
       経済産業委員会調査室首席調査員

第二十九回
「中国から見た日中首脳会談と今後の日中関係、東アジア」
〜北京APECでの日中首脳会談をどう読むのか〜
報 告:庚 欣 氏
中国人民大学重?金融研究院 高級研究員
道紀忠華知庫日本代表処副代表 首席研究員
(2014年12月3日開催)

第二十八回
「日朝関係の展望と課題−平壌レポート」
〜米朝、米中関係、東アジア情勢の変容を視野に〜
報告:菱木一美 氏
広島修道大学名誉教授
元共同通信論編集局次長 説副委員長
ソウル、ニューヨーク、ワシントン特派員、外信部長
(2014年10月3日開催)

第二十七回
「東アジアの”現在”をどう読み解く」
〜中国の「脅威」・「米中新冷戦」をこえる思考とは〜
報 告:浅井基文 氏
元、外務省中国課長、東京大学教授、明治学院大学教授
元広島市立大学広島平和研究所所長
(2014年7月11日開催)

第二十六回
「中国は何を考えるのか」
報告:藤野文晤 氏
   元・伊藤忠商事常務取締役、中国総代表
   藤野中国研究所代表
   環日本海経済交流センター長
(2014年4月28日開催)

第二十五回
「東アジアの“現在地”とそこへの視座を問う」
報 告 :米谷匡史 氏
東京外国語大学大学院総合国際学研究院准教授
(2014年3月20日開催)

第二十四回
「張成沢“粛清”後、どう動く中国の北朝鮮政策」
報 告 :趙 宏偉 氏
法政大学教授(中国政治・東アジア国際関係論)
(2014年1月15日開催)


第二十三回
「中国はどこに向かうのか」
〜中国人ジャーナリストが語る習近平政権一年の深層と中国のこれから〜
報 告 :徐 静波 氏
「中国経済新聞」編集・発行人、「日本新聞網」主宰
日本記者クラブ会員
(2013年12月9日開催)

第二十二回
「北朝鮮はどこへ行くのか」
〜現地にみる『強盛国家』建設と社会の「変化」のきざし〜
報 告 :木村知義(現地で撮影したビデオ上映とレポート)
コメント:文 浩一氏
一橋大学経済研究所研究員
(2013年10月25日開催)

第二十一回
「米朝、対決と確執の60年に終止符を打てるか」
〜休戦協定60周年を前に考える朝鮮半島危機脱却の道〜
報告:菱木一美氏
広島修道大学名誉教授
元共同通信論編集局次長 説副委員長
(2013年6月28日開催)

第二十回
「沖縄から問う日米安保、尖閣問題と共生の北東アジア」
報告:新崎盛暉 氏
沖縄大学名誉教授・元学長
(2013年5月2日開催)

第十九回
「動く日露関係と北東アジアのこれから」
〜資源・エネルギーを軸に考える北東アジアの戦略的構図〜
報 告:吉田 進 氏
ERINA環日本海経済研究所名誉研究員、元理事長
元日商岩井専務取締役、ロシア・中国・北東アジア総支配人
(2013年3月22日開催)

第十八回
「深層・緊張の海でいま何が起きているのか」
〜「火器管制レーダー照射」問題と日中米のアジア太平洋戦略〜
報 告半田 滋 氏
東京新聞論説委員兼編集委員
防衛庁防衛研究所特別課程修了、軍事・防衛・安全保障問題担当
(2013年2月27日開催)

第十七回
「中国はどこへ行くのか」
〜習近平体制と日中・中米関係、アジアのゆくえ〜
報告:趙 宏偉 氏
法政大学キャリアデザイン学部教授(政治学、国際関係論)(2012年12月12日開催)

第十六回
「日米同盟を超えて、これからの北東アジアと日本の選択」
〜どうすれば対米従属から脱却できるのか〜
報告:孫崎 享 氏
元外務省国際情報局長・防衛大学校教授
(2012年12月12日開催)

第十五回
「取材現場で考える“トモダチ”アメリカ」
〜日米同盟の現在とこれからの日本、アジア〜
報告:大冶 朋子 氏
毎日新聞外信部記者
(2012年7月13日開催)

第十四回
「国交正常化40年、いま、日中両国のすすむべき道」
報告: 藤野 文晤 氏
藤野中国研究所代表、環日本海経済交流センター長
元伊藤忠商事常務取締役、中国総代表 
(2012年5月11日開催)

第十三回
「朝鮮族研究からみた中朝関係の現在と今後」
〜延吉、瀋陽、北京での調査、取材から〜
報 告:権 香淑 氏
早稲田大学アジア研究機構 アジア研究所招聘研究員
(開催2912年3月31日)

第十二回
「現場に立って考える北朝鮮の現在と2012年への展望」
報告: 文 聖姫 氏
元朝鮮新報記者 東京大学大学院人文社会系研究科博士課程(韓国朝鮮文化研究室)
(2011年12月17日開催)

第十一回
「アジア太平洋という視座で考える日本と世界」
報告:小林 二郎 氏
元フィジー大使、バングラデシュ大使
(2011年11月18日開催)


第十回
「冷戦と分断体制をこえ、東アジアの未来をどうひらくのか」
報告: 白 楽晴 氏
ソウル大学名誉教授 「創作と批評」編集人
「韓半島平和フォーラム」共同代表
(2011年9月25日開催)

第九回
「震災後の日中関係、北東アジア情勢と
                   日本外交の課題」
報告:谷口 誠 氏
元国連大使、OECD(経済協力開発機構)事務次長
前岩手県立大学学長
(2011年6月1日開催)

第八回
「米国のめざす『国際新秩序』と中国、朝鮮半島、北東アジアのこれから」
〜歴史の転換点に立って考える北東アジアの現在と未来〜
中米首脳会談以降の中米関係、日中関係、朝鮮半島
報告: 朱 建栄 氏
東洋学園大学教授 日本華人教授会議 代表
(2011年2月18日開催)

第七回
「北朝鮮はどこへ行くのか」
  〜垣間見た「素顔の北朝鮮」と北東アジアの今後〜
報告: 安尾 芳典氏 共同通信社 編集局委員
     木村 知義   21世紀社会動態研究所
(2010年11月21日開催)

第六回
「アジアのなかの日本、これからの生きる道は」
 〜中国・アジアと『新祖国論』という視座〜
報告:詩人、作家 辻井 喬 氏
(2010年9月10日開催)

第五回
「北東アジアの平和と発展のために 
       これからの日中関係をどう構築するのか」
 〜日中関係の現状と日米同盟基軸論を見据えて〜
報告:藤野 文晤 氏
      藤野中国研究所代表 
    元・伊藤忠商事常務取締役、中国総代表
(2010年7月27日開催)

第四回
「北東アジアの未来をどうひらくのか」
〜アジアとの関係再構築にむけて、
          いま日本に問われる視座とは〜
報告:鄭 敬謨 氏   シアレヒムの会主宰
(2010年4月26日開催)

第三回
「図們江(豆満江)地域開発と北東アジアのこれから」
〜中・朝・露の動きを現地に見る〜
報告:足立 英夫 氏
北東アジア輸送回廊ネットワーク(NEANET)事務局長
(2010年2月25日開催)

第二回
「現地から見た『長春・吉林・図們開放先導地域』構想と
                  北東アジアのこれから」
報告:小島 正憲 氏
中小企業家同友会上海倶楽部 代表
香港美朋有限公司 董事長
中国吉林省 琿春市・敦化市「経済顧問」
(2009年12月4日開催)

第一回
「吉林省からみた北東アジア情勢」
報告:中国吉林大学 東北亜研究院 教授 尹 豪 氏
(2009年10月9日開催)
ホームページTOPへ